ほもらぶ!

酷くしないで 5 & 小鳥遊彰編

Posted by 明日華 on   0 

CAST*寺島拓篤(真矢秀幸)×中島ヨシキ(眠傘 隆) 竹内良太(縞川直也)×羽多野 渉(小鳥遊 彰)/武内 健
原作*ねこ田米蔵
発売元*フロンティアワークス


流夏さんに武内なの、真田先生に平川なのと同じくらい安牌でGJ。

原作で最初、流夏さんを宗教勧誘かネズミ講の人かと思って、
真矢がカルトにハマってしまう…!って怖かったんだよねwww
蓋を開けてみたら、綺麗なカラテカ入江みたいな人だった←

ネムの周りに近寄る男は沖野くんでさえ警戒してた真矢が、
「お前も流夏と仲良くなれよ」って言うの結構衝撃で、
如何に流夏との交流が楽しくて、信頼してたかって解るし、
振り返ると、流夏への眠傘の嫉妬に、真矢が無頓着なの、
眠傘以外にはノンケって言う自覚が強すぎなせいでもあるって事が、
直也との会話で窺える話の構成になってるのに気付く。

直也がネムに八つ当たりでキスした事は、彰は一切悪くないんだから、
真矢に手加減しろなんて言ってやる必要はないんだよ。
眠傘と真矢と彰の分の3発食らわしとけば良かったのに。
ネムが必要以上にショックを受けてたのは、
真矢が不安にさせてたせいもあって、
彰に手加減を頼まれたのはこじ付けで、強く出られんかっただけやろ。

お互いが彰ありきの結び付きしかない十太と先生って、本当に不健康。
十太が兄離れしんのって、土壇場で彰が甘くなるのも多分にあると思うわ。
早く彰に関係なく結ばれる日が来ると良いね。

CD1巻目の時は、彰が後に受けになるって知らなかったから、
羽多野だった事に良いも悪いも無かったし、ピッタリだと思ってた竹内も、
日常シーンで、声が低すぎておっさんに聞こえるw所もあったが、
濡れ場での竹内の低音と羽多野の喘ぎが、半端なくアダルティーで、
超短いシーンなのに、原作の、作者の画力で魅せるエロさと、
遜色ないの出てきたから感動しちゃった。配役した人有難うって感じ。
個人的に羽多野受けの最高峰だと思ってる「熱情の檻で眠れ」に並ぶ。

特典ドラマは、原作彰編にあった、彰と先生の過去のお話なので、
今回はフリトにもちゃんと平川が参加出来てて良かった。
それに彰サイドのフリトが面白かった。羽多野が結構上手いこと言うし、
竹内もBL主演が数えるほどだから必然的にトークが新鮮で、
平川のツッコミも冴えてるし、何より3人が楽しそうだった。
久しぶりの受けと、竹内との初対決で、3日前から緊張して、
「酷くしないで」って思いながら現場に来た羽多野や、
保健室の人体模型を投げて遊んでた竹内の話など、沢山笑った。

酷くしないで 4

Posted by 明日華 on   0 

CAST*寺島拓篤(真矢秀幸)×中島ヨシキ(眠傘 隆) 江口拓也(小鳥遊十太)×平川大輔(真田先生)/山本和臣
原作*ねこ田米蔵
発売元*フロンティアワークス


実は私、この作品で好きなキャラが真矢しかいないって言う。
ネムは無自覚に、結構な頻度で真矢を蔑ろにするし、
真矢の親戚周辺は身内だからって過干渉でちょっと気持ち悪いしw
思えばこの作品って、他人の恋路を邪魔する奴が、
次から次へと、ありとあらゆる理由で出てくるよね。
人間関係が希薄になってる現代人としては抵抗感がある。

沖野くん(山本)の関西弁ってこんなに訛り強めだったんだね。

先生って眼鏡掛けてるし、声もメガ克辺りの低音だけど、
その芝居からメガ克が過る事なんて特になかったのに、
最後の反撃する所でメガ克が降臨なさって笑っちゃった。

私は十太編のエピソードで、十太が、
彰(羽多野)に関係なく先生に興味を持った瞬間だと思ってたけど、
原作の彰編で、彰への執着がちっとも治まってないと解って、
じゃあ、彰にとって直也さん(竹内)が一番だと知ってる十太は、
今はもう先生に興味を失っているんだろうか?

特典フリト。何で今更、1人ずつ体制に?
あと、今作の主役の1人でもあるのに平川のトークが無いのも謎。
次巻でB面の主役になるとは言え、今回は出番少ない羽多野さえあるのに。
誤解しないで欲しいんだけど、羽多野のトークが不要って意味じゃないよ。

酷くしないで 3

Posted by 明日華 on   0 

CAST*寺島拓篤(真矢秀幸)×中島ヨシキ(眠傘 隆)/羽多野 渉/江口拓也/平川大輔
原作*ねこ田米蔵
発売元*フロンティアワークス


1巻ではモブ教師役だった平川を、そのまま真田先生に出世させたの、
見事な采配だね。圧倒的安定感。

あんだけ柿原の眠傘にぶー垂れといてなんだけど、
真矢にズバズバ言う眠傘は、
柿原の方が容赦ない感じが出てたかな。
今の眠傘はデレ期なので、比較しにくいが。
あと中島のは、若くなったというか、可愛さ余ってショタ化してるw
まあでも、柿原の吐息喋りが大の苦手って言うのもあって、
どちらかというと、中島の方が眠傘のイメージに近いよ。
それにね、彼のショタ声から、声は似てないのに、
かつて受け声優の頂点に君臨していた、櫻井孝宏の面影が見え、
思わぬ副産物の気付きを得た。

特典フリト。頭皮が無事な内に髪で遊びたいけど、
行きつけの美容師に全力で止められてる中島w

酷くしないで 「狼少年がおじゃま」 (単行本5巻 アニメイト限定版セット)

Posted by 明日華 on   0 

CAST*寺島拓篤(真矢秀幸)×柿原徹也(眠傘 隆)/江口拓也
原作*ねこ田米蔵
発売元*リブレ出版


原作彰編での、ブラコン十太(江口)の心情も補完してるので、
十太×先生の話が9巻まで行っても音沙汰が無いなりに、
彼らの関係性の根本的な所って、
彰を好きな者同士って事なのかなと掴めた気がして良かった。
ただ、八つ当たりされる真矢がちょっと不憫だし、
十太の攻撃が全然効かない眠傘に心開く十太も可愛いけど、
それは先生の役目じゃないと…と思わないでもない。

酷くしないで 2

Posted by 明日華 on   0 

ドラマCD「酷くしないで 2」
posted with homolove at 2020.09.11
CAST*寺島拓篤(真矢秀幸)×柿原徹也(眠傘 隆)/羽多野 渉/江口拓也
原作*ねこ田米蔵
発売元*フロンティアワークス


前回、ミスキャストだとボロクソに言ったんですが、
3巻でキャス変する、柿原の眠傘に関しては、
慣れないままで良いと思うと気が楽になり、
違和感に穏やかな気持ちで聞けた。
寺島の真矢との付き合いは今後とも続くので、時に荒れたけど。
キャラと寺島の低音の不和にデジャブあるなと思ったら、
アクエリオンでアポロニアスが喋る度笑ってたの思い出した。
江口の十太はちょっと間延びしすぎている気はするが、
本性表した時が本領発揮だと思うから、許容範囲内。

今回は役者よりも、シリアスな場面で妙に明るくて、
音量も大きかったBGMが、耳障りで邪魔でしかなかった。

フリト。やはり皆、約6年振りという話に触れてた。