ビマトアイドロップ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

category :BLCDレビュー 【ま行】

耳をすませばかすかな海

ルボーサウンドコレクションドラマCD 耳をすませばかすかな海
ドラマCD 神谷浩史 鳥海浩輔 野島健児 小西克幸 鈴木千尋 松岡由貴 古宮吾一 松林大樹 高橋研二
マリン・エンタテインメント (2007-05-25)
売り上げランキング: 161,484

CAST*鳥海浩輔(宮上和輝)×神谷浩史(大澤笙惟)/野島健児/小西克幸
原作*崎谷はるひ
発売元*マリン・エンタテインメント

冒頭、いきなり真雪に和樹が告白してて吃驚しました。
いやまあ前作で「次作で和樹が攻めメインじゃ無かったら、真雪と引っ付いてただろうな」とは思ったよ?
思ったけど、まさか、受けのショーイに真雪が似てからとアタックするシーンが来るとは…。
てか似てるか…?確かに真雪もショーイもズバズバ言うタイプだけど、
真雪は相手を見誤って言い過ぎることはない人のように思う。

和樹が折角丸くなってイライラしないキャラになったと思ったら、
そんな和樹の過去の過ちをわざわざ論って、意地悪を言うショーイにイライラした。
謝り方も気に食わねぇ。神経太いと思ってたって、神経太くても意地悪言ったらダメだろ。
相手の性格のせいにしてる時点で謝罪じゃねーんだよ。こんな奴のどこが真雪に似てんだ。
前作の兄弟の母親もそうだったけど、謝罪が謝罪じゃない。もっと素直に謝れないのか?
キャラの性格に合った謝罪の仕方?そんなメタ的な部分はどうでも良いんだよ!
この俺様が!どう思うかが全てだ!!!!!!!!!!!

そういえば、兄弟の母親役の声優さん変わってて残念だった。
前任の人の方が教育ママ色が強くて良かったのに。

大智と瀬里にも別れの危機が訪れてたんですが、大智が帰ってきた後の修羅場が少し見たかったなとw
瀬里も自分で言った言葉に自分で苦しめられていてアホだなと思ったけど、
言われた時にすぐになんとかしんかった大智もアホだなーと思った。

フリト。BeautifulなLifeってもうドラマ名言っとるようなもんやろw

手を伸ばせばはるかな海

ドラマCD 手を伸ばせばはるかな海
ドラマCD 野島健児 小西克幸 鳥海浩輔 鈴木千尋 松岡由貴 黒田崇矢
マリン・エンタテインメント (2006-07-21)
売り上げランキング: 79,021

CAST*小西克幸(中河原大智)×野島健児(宮上瀬里)/鳥海浩輔/鈴木千尋
原作* 崎谷はるひ
発売元*マリン・エンタテインメント

前作はもうちょっとこう昔のトレンディ恋愛ドラマ感が強かったけど、
今作はどっちかって言うと家族とか就職とかをクローズアップしてるから、
批評の中心がどうしてもそっちに行ってしまう。
私も要領が悪いから、受けの、頭真っ白になってオーダー忘れたりする姿に胸がキュっとなったり、
アットホームな職場への拒否反応がでてしまった。

子供にキレられるまで、兄弟間で愛情の格差を付けてきたことに気付きもせんかったくせに、
「しっかりしているので勘違いをしていた」「心配していない訳ではない」って何なんだこの母親は。
父親も、こういう時だけいい格好をするってことは育児に参加してこなかった証拠だろ。
幼い頃から、母親に散々弟と比べて劣等感を植え付けられて、勝手に心情を決め付けられて、
父親は育児に無関心。そうした両親の言動が積み重なってきた爆発なのに、
仕送りと言い訳の手紙を送って関心ありますよアピールってふざけとんな。

受けが鈍感なんですが、お客さんの秋波に気付かない程なんで、
その性質に彼自身が守られてんだなと思いました。攻めはちょっと可哀想でしたけどww

巻末フリト。真雪を、真冬とか小雪に間違えた野島健児

ムーンリット・ドロップス

ムーンリットドロップス
ドラマ
CYBER PHASE (2007-03-25)
売り上げランキング: 405,609

CAST*

前作を聴いた時は、雪那の相手には須麻でもお似合いだと思うけどなと言う感情があったんですが、
怜夜のようなツンデレには確かに、雪那のような包容力のある攻めがピッタリだなと思い直しました。

王位継承者から一夜にして王の暗殺を企てた女の息子になってしまい冷遇されている姿や、
中途半端に耳と尻尾が出たことで、前作の衣織のように孤独への不安を抱えている姿が切なかった。
それにしても王族なのに血族を残す義務とか無いんかな?

BLでのメイン役で、傲慢そうじゃない三宅健太の声って貴重なので、それだけで好きなんですが、
この、ガンダムだったら即効で死亡フラグ立ってそうな、気のいい兄貴キャラなのも好き(伝われ)

今作のモフ要素の少なさにとても残念思っていたところに、
最後の最後でモフモフ萌えがあってニンマリした。
お兄ちゃんの声のご出演はないけど、機械のSEによって犬(※狼)の呼吸音と、
兄弟のしっぽがバシバシと揺れてるのが表現されてて、それそれそれ~!ってなった。

ブックレットのSSではケモ耳でも動きとか描写されてたので、
ケモ耳の場合、音だけだとやはり難しいんだろうな。
まあ私がモフモフ萌えを求めすぎたのが悪いんですけど。

フリト。羽多野と三宅がどっちも弄られ役に回るから、福山が一人でツッコミが忙しそうだった(笑)

ムーンリット・ハンティング

ムーンリット・ハンティング (エクリプスロマンス)
水壬 楓子
桜桃書房
売り上げランキング: 779,549

CAST*子安武人(衣織)×近藤隆(月鹿)/三宅健太/福山 潤/平川大輔
原作*水壬楓子
発売元*サイバーフェイズ

狼から人間に戻れなくなったらという不安な攻めの心が、受けによって慰撫されていくことで、
昔から慕ってくれる人達のことも少しだけ信用できるようになって良かったねぇってなった。
まあ、ツン期だからと言って、昔に八つ当たりで受けと姉を引き離したのはドン引きだけど。
姉弟を引き離さなければ姉が操られることもなかったわけだから、
自業自得っつーか因果応報だね。

原作からそうなのかもしれないが、仲直りエッチがズバッと省略されてたのは頂けなかった。

狼姿の描写も適度にあるので、攻めのことを攻めとしてではなく、犬として萌えてしまうw
幼なじみで臣下の雪那(三宅)にお手と言われても反応しなかったのに、
月鹿にお手って言われると反射でしてしまう衣織、いや、犬が可愛すぎ。
自分だけに懐く犬みたいなもんだからさ。
あと受けも動物に接しているやさしい声が可愛いので、
撫でられている犬が愛しい気持ちと同時に、犬になって撫でられたいなって気持ちにもなれる。

脇キャラも魅力的。心の中では口が悪い須麻(平川)、気の良いお兄さんな雪那、
衣織と同じようにツンデレな怜夜(福山)。
雪那と怜夜はスピンオフのCPでCDも手元にあるから、
後日聴くのが楽しみだけど、須麻は原作でも脇役のままなんだね。
あっても大昔に会社潰れてるからCD化は望めないけど、
須麻に受けさを感じて、原作にあれば読んで見たいと思ってしまったから、ちょっと残念。

フリト。福山抜きだったんだね。
近藤の「子安さんをヨシヨシする貴重な経験をさせて頂いた」は華麗で笑える締めでした。

メイド★はじめました~ご主人様のお世話いたします~ ドラマCD

メイド★はじめました~ご主人様のお世話いたします~ドラマCDメイド★はじめました~ご主人様のお世話いたします~ドラマCD
(2008/06/18)
ゲーム・ミュージック、山口勝平 他

商品詳細を見る

CAST*浜田賢二(東久世瑪瑙)×山口勝平(赤木 律)/成田 剣(東久世翡翠)×宮田幸季(琥珀)/
高橋広樹(西久世石榴)×岸尾だいすけ(東久世珊瑚)
原作*VividColor
発売元*ティームエンタテインメント

まずゲームの感想から。
CP固定のBLゲームは嫌いじゃないけど、このゲームは恋愛に至るプロセスが感じられない。
起承結みたいな。「転」がない。
また、どのCPも似たようなキャラなので、5組のCPを楽しめるはずなのに物足りなさが凄い。

特に瑪瑙×律は、律が昔のことを思い出さないまま終わるのがイマイチよく分からんかったし、
だって一応主人公の相手なのに、瑪瑙が途中まで全然絡んでこないから、
律が好きになったのも唐突に感じるなら、瑪瑙も律のことをどうしてずっと好きでいたのかも、
律が結局思い出さないから全然プレイヤーに伝わってこない。
なんでそんな解かりやすい記号をみすみす逃すのか理解できませんでした。
どちらかというと翡翠×琥珀の方が丁寧に描いている気がした。

家庭環境が結構複雑なのに全然明るいっていうのは別に良いとは思うんだけど、
なかなか共感し辛いなとは思った。
三兄弟はその家庭環境さ故に少し捻くれた性格ではあるけれど、
そこまで酷くないし、霰の奔放さは必要だったのか…?とちょっと思った。

このゲームの唯一優れていると評価できるところは、
BLCDみたいにセックスシーンで受けと攻めの喘ぎが重なっているところ。
少年アリスではキスシーンにはそういうのはあったのですが、
まさに挿入シーンってのにはなかったので、新鮮でした。
公式HPのキャストコメントで浜田が触れておりますが、
音声が重なっている部分は別撮りではなく二人で収録しただけあって臨場感があって良かったです。

派生ドラマCDの感想は、ゲームでは表現し切れていなかった石榴さんの腹黒さが、
漸くここにきて浮き彫りにされたかなと。
そしてやはり、主人公CPの話が一番雑な感じがしました。

あと、残りのトラックをBGMに当てるくらいなら、
健太郎×圭一、水晶×遙の話にすれば良かったのに…。
それでも余るならフリートークつけるとかさぁ。

プロフィール

明日華

Author:明日華
コチラはBLCDレビューをメインとした腐女子向けブログです。
え?免疫無いって??これから付ければイイじゃない。

内容よりも、声優の喘ぎに付いて語っている不親切なレビュー。
※昔のレビューにちょっとだけナマっぽい発言があります。

uni2.gif uni3.gif
↑諏訪部受け切望バナー。バナー貼るだけ、リンクフリー。直リンク不可。

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

カウンター

リンク

Gian's Egg

Love