ビマトアイドロップ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

date :2011年12月

不条理で甘い囁き

不条理で甘い囁き (幻冬舎ルチル文庫)不条理で甘い囁き (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/09/15)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る

CAST*高橋広樹(羽室謙也)×鈴木達央(三橋颯生)/河原木志穂
原作*崎谷はるひ
発売元*Atis collection

今回は二部構成の2枚組となっております。
前回、崎谷はるひ作品にしては地味目な話だな…なんて印象を持ちましたが、
1枚目はそれが最たる話で、くだらない痴話喧嘩を延々と聴かされている気持ちになりました。
そんな中でも、Hを拒絶されて不能になったナイーブな男、謙ちゃん(広樹)が、
「俺を抱いてくれれば良いし」とさらりと言ってのけたのにはド肝を抜かれましたが(笑)
2枚目はそれと打って変わって、謙ちゃんの仕事場で宝飾の盗難が相次ぐと言う少しサスペンス調で、強烈な女も登場してとても面白かったです。
一枚目の話はカットしても良かったんじゃないかな…。

特典FTは、司会の広樹がのノープラン過ぎる。

P.B.B.×Punch↑プレミアムCD

CAST*森川智之(安芸純佑)×遊佐浩二(菱谷 忍) 子安武人(牧 志青)×中村悠一 (大木浩太)
原作*鹿乃しうこ
発売元*リブレ出版 マリン・エンタテインメント

私はプレイチームよりパンチチームのほうが好きなので、
パンチチームに色っぽいシーンがなかったのが凄く不満だった。

恋まで百輪

恋まで百輪 (ディアプラス・コミックス)恋まで百輪 (ディアプラス・コミックス)
(2010/11/30)
雨隠 ギド

商品詳細を見る

CAST*浜田賢二(小山虎二)×吉野裕行(大前田小太郎)/遊佐浩二
原作*雨隠ギド
発売元*フィフスアベニュー

受けが極道の一人息子ということで、設定もノリも「ほんと野獣」と似通っていましたが、
こちらも可愛らしくて、アチラ以上にばかばかしいノリで遜色なく楽しめました。
あと吉野が天野並に可愛い役でしたが喘ぎはいつも通りでした。

超兄貴(遊佐)のあまりのひとでなしに笑いしか出なかったw

特典FT。遊佐が、兄とは横暴な生き物だと言い張っておりました。

ウラカレ ~Second Season~ Vol.5 立花睦月編

CAST*成田 剣(立花睦月)×井口祐一(清水 優)
原作*カフェグラッセ
発売元*animate

今回もお約束通り、往生際が悪く抵抗しておりましたが
優の言葉に耳を貸さず超強引に進めてくれる攻めで、さくさくと進展してくれました。
まー裏を欠けば「人の話し聞けよ!」みたいなテンプレな攻めではあるけれども。
こうなると最初に抵抗してたのなんだったのだろう。ポーズか。ポーズなのか。

今までは本編より特典の方が良かったですが、今回は微妙だった。
立花の性格が本編と特典でちょっと違うような気がした。

やっと終わったー。こんなにも惰性で聞き続けたBLCDはない。

キャッスルマンゴー

Dramatic CD Collection キャッスルマンゴーDramatic CD Collection キャッスルマンゴー
(2011/08/24)
(ドラマCD)

商品詳細を見る

CAST*石川英郎(十亀俊司)×近藤隆(城崎 万)/松岡禎丞
原作*木原音瀬
発売元*ムービック

えぇっここで終わり!?受け的にはまだ恋愛にも発展してないじゃん。ってなとこで終わってる。
面白かっただけに至極残念。原作ではどうなっているんだろう、FTによれば十亀(石川)の過去話があるみたいなんだけど。

AV監督×ラブホが実家の高校生。風俗産業の偏見は根強い。
誰に何を言われても自分の仕事を、実家を誇りに思う二人がカッコイイ。
これで完結された話なら仕方ないが、まだ未完結の状態なら2枚組でもいいから完結された話が聴きたかった。
2枚組の金出す価値はある。

FT。いやー、声優さんにとって絡みが物凄く大変なのは解るんだよ?
解るんだけどさー、絡みがないことを賞賛するような発言は止めてほしいのよ。
悦悦として買ったたこ焼きに蛸が入ってなかったら悲しいだろう?それと一緒なんだぜ。

カテキョ!2

カテキョ!2 (ドラコミックス)カテキョ!2 (ドラコミックス)
(2010/03/03)
萌木ゆう

商品詳細を見る

CAST*平川大輔(墨染 楓)×寺島拓篤(野江倫太郎)/花輪英司
原作*萌木ゆう
発売元*フィフスアベニュー

原作、もう三巻まで出てるのか。
原作未読がモットーだけれども、これは買ってみようかなぁ。だって絵柄が凄く好みなんだ。

前作は倫太郎(寺島)視点の楓さん(平川)に翻弄される話でしたが、
今作は真逆の、楓さん視点で倫太郎に翻弄される話。
倫太郎の兄ちゃん(花輪)が出てくるのですが、このブラコン兄ちゃんが凄く可愛い。
彼に相手を作ってやってくれ。出来れば、兄ちゃんは受けで。

倫太郎が四兄弟の末っ子だと判明。両親きっと女の子が欲しかったんだろうなー。

特典FTは花輪英司の「夏は暑くないとテンション上がらない」と聞いて、
某BLゲームの本多が過ぎったのは言うまでもない。

いとしの猫っけ

いとしの猫っ毛いとしの猫っ毛
(2011/08/24)
イメージ・アルバム、鈴木達央 他

商品詳細を見る


受けの言動が24歳にしては子供過ぎて引いた。高校生ならともかく。
あとね、攻めとの接し方が彼氏と言うより、まるで家族と接しているみたい。
元々友人関係だったからなんだろうけど、彼氏との接し方じゃない。親しき仲にも礼儀ありだよ。
鈴達の芝居、芋っ子さがとても表現されていたんだけれども、その相乗効果でイラッとした。

ほのぼのとした作品なのに「ちんちん」言って吃驚しました。
なのに貫通せずに物語が終わってしまった。どういうこっちゃ。

FT。私も結構重度の花粉症なのでアレルギーは改めて怖いなと思った。
アレルギーになるのを一切防ぐことは不可能だもんな~。
だから、作中の猫アレルギーの人間に猫を近づける行動マジ有り得ん。

真昼の恋

真昼の恋 (ショコラコミックス)真昼の恋 (ショコラコミックス)
(2010/12/30)
草間 さかえ

商品詳細を見る

CAST*鳥海浩輔(岡崎 一)×日野 聡(中川正午)/高瀬右光
原作*草間さかえ
発売元*フィフスアベニュー

今まで草間さんのは未読だと分かり辛いのではないかと示唆して来ましたが、
完璧に未読状態でこのCDを聴いた所、思いの他そんなことはなかったのですが、
情景を想像力で補えば補うほど、草間好きとしてはやはり絵で見たいなーという気持ちになりました。

受けが勘当されていた親の元に、攻めと一緒に何度も足しげく通った結果
漸く話を聞いてくれる機会を持ったのに「それで、どうなんだ」「入れられるのは俺のほうですが」
と返したのには笑いました。アホwwwwww

バスルームより愛を込めて~目眩く受難は蜜の味~

CAST*森川智之(篠原和征)×鈴木達央(水野 悟) 松岡禎丞(小掠智彦)×立花慎之介(早坂昇太郎) 森川智之(篠原和征)⇔竹内良太(水野 繁)
原作*有栖川ケイ
発売元*ワンダーファーム

最初、誰だこんなの書いた奴は…と思いましたが、
有栖川嬢だと分かると、話よりもエロを楽しんだ方が得策だと頭を切り替えました。
案の定、攻めは主人公の父親の愛人だったと言うトンデモ展開で、
思いも寄らず竹内良太の喘ぎが聞けてテンション上がりました。
しかし、それを差し引いても面白かったと言ってやるには悔しい。
そもそもキャラ全員、総じて貞操観念低すぎて好きになれない。
そのトンデモない所が笑えたけど、反面凄く不快だった。
これ、小説だったら壁に投げつけてた。

「おい田中君」に収録されていたあの鈴達の処女作が、よもやこんな話だったとは。
なんだか、甘いと思って食べた物が辛かったような衝撃。

FT。発売から10年も経ってんのか。しかも鈴達まだ未成年だったのwwwwつらwwwwwww
鈴達はフリトまで覚えているのに、やはりお相手の、ハツモノ食い帝王は全く覚えていませんでした。
このCDの中にもBLデビューの筆おろししたフレッシュさんがいて、
話題に森川のハジメテ話がでましたが、残念ながらお相手の名前は公表されず。
カセットテープの時代だったらしいから私の知らない作品かなー?

その手の熱を重ねて

その手の熱を重ねてその手の熱を重ねて
(2011/07/27)
イメージ・アルバム、小西克幸 他

商品詳細を見る

CAST*小西克幸(渚 天景)×杉山紀彰(古賀凪紗)
原作*富士山ひょうた
発売元*フロンティアワークス

受けがぐいぐい好意を示してくるからてっきりゲイなのかと思いきや、
ただ無自覚に、自分の陶芸作品をネームバリューなしに買ってくれた人に対しての好意として接していただけで、
攻めもそれで勘違いして、そうと気付いた時にはずっぽりハマってしまっていた。
と言う話なのが1枚目までは面白いと思えたんですが、2枚目で受けの父子の問題が入ってくると、
受け(+受けの父親)の「自分がそうだと思ったことが正しい」と決め付ける性格が癇に障って…。
2枚目にしてツマランと思わせるCDも中々ない。

FT。小西、外食あんまりしないんだって。スタジオで何だかんだ食べてお腹一杯にしちゃうらしい。
いや、お前の体系どう考えてもそれじゃ物足りない感じだろう。ならどうしてそうなった。

生徒会長に忠告 (Dear+11年08月号付録ミニドラマCD)

Dear+ (ディアプラス) 2011年 08月号 [雑誌]Dear+ (ディアプラス) 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/07/14)
不明

商品詳細を見る

CAST*杉田智和(知賀)×鳥海浩輔(国斉)
原作*門地かおり
発売元*新書館

知賀が軟膏をくれたんだけど「塗ってあげますよ」ってそのまま致されちゃった話と、
一人で軟膏を塗ろうとしたら間違えてメントールを体内に塗ってしまった話www
メントールのとこワロタwwwwwアホスwwwwww

ウラカレ~Second Season~ vol.4 中里葵編

CAST*前野智昭(中里 葵)×井口 祐一(清水 優)/日野 聡
原作*カフェグラッセ
発売元*animate

思えば、前野3連続ですねー。BLCDって月によって特定の声優に集中するよね。

今までのキャラは攻め→受けな状態から始まってたのに、ここに来て一変、最初からラブラブな感じでエッチも序盤にすんなりと。
何だ、優は年上好きか?なんだか今までの攻めが可哀想になった。
先輩と女が一緒に居るの見て不安になっている優がいい気味で、溜飲が下がる思いでした。
前の三人もお前にそんな思いを抱えていたんだぞ。
ただそこから勝手に先輩の将来まで心配し、別れを切り出すと言う短絡的な思考には吃驚した。

エッチは中田氏抜かずの2発という大好きなシチュだったのが良かったです。

特典CDは、中里兄弟の家に優が養子になると言う、中里兄弟×優の三角関係と言うか、3Pと言うか、二人で優を弄り合っていると言うか。
本編よりこっちの方が話の出来が良い感じがした。小さい頃の日野の声が可愛かった。

このシリーズは総じて耳が滑るような内容で、細々とした所を聞き逃してる気がして仕方ない。

飴色パラドックス

飴色パラドックス 夏目イサク(原作)飴色パラドックス 夏目イサク(原作)
()
尾上聡、近藤隆 他

商品詳細を見る

CAST*前野智昭(蕪木元治)×近藤 隆(尾上 聡)
原作*夏目イサク
発売元*新書館

滅多にしないんですが、先にブックレットの書き下ろし漫画に目を通した所、
嗚呼、多分この受け私の好みにドンピシャだわ。と思いました。
蓋を開けたら、やはり、直球ど真ん中なキャラクターでした。
足が遅いのは欠点ではなく魅力的な一面にしか見えない。

面白かったのですんなりと引っ付いて欲しくないなーと思ってたら良い感じに焦らしてくれました。
続編とかになって欲しいカップルですね、そしたら漫画でも読んでみたい。

前から思っていたんですが、夏目さんの描く受けの顔は全部サンジに見える。

特典FT。このお二人って専門学校の先輩後輩の中だったんですねー。
前野、宇治金時知らないってマジか。

妄想エレキテル2

妄想エレキテル2 (ドラコミックス)妄想エレキテル2 (ドラコミックス)
(2011/05/02)
ねこ田米蔵

商品詳細を見る

CAST*安元洋貴(本木文博)×前野智昭(山名春平)/梶 裕貴/川原慶久
原作*ねこ田米蔵
発売元*フィフスアベニュー

どっちが受けか分からないようなのが最初のコンセプトだったから仕方ないんだけど、
CDだと安元の声の攻めオーラ抜群だから、フミが喘いでもただちょっと気持ち悪いだけっつーかww
あと、フミが総モテなのが納得いかない。春平(前野)だって頑張ってんだぜ。

ミニドラマCDとかで数こなしているから、とっくに春平、処女開通している気になってたわ。

里中(梶)×桜田はまだか。ってゆうか、少なくとも桜田を絡ませた話にしたってくれよ。

特典FT。梶の妹、小さい頃からにーにって呼んでいるらしい。リアル沙都子!

プロフィール

明日華

Author:明日華
コチラはBLCDレビューをメインとした腐女子向けブログです。
え?免疫無いって??これから付ければイイじゃない。

内容よりも、声優の喘ぎに付いて語っている不親切なレビュー。
※昔のレビューにちょっとだけナマっぽい発言があります。

uni2.gif uni3.gif
↑諏訪部受け切望バナー。バナー貼るだけ、リンクフリー。直リンク不可。

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

カウンター

リンク

Gian's Egg

Love